出来るビジネスマンはそれぞれ独自に工夫を凝らしています。昔ながらの営業テクニックを駆使する事も大事です。しかし、古典的な方法は既に手垢が付いており、顧客にも営業テクニックだと見破られてしまいます。また分かりやすい方法とは真似されやすいものです。ライバルの同僚や同業他社の営業マンも、同じような営業テクニックを駆使していれば、自分だけが成績を伸ばす事は出来なくなります。ライバルとの熾烈なバトルに勝利したいなら、今一度自分の名刺にこだわりましょう。それこそ出来るビジネスマンが非常にこだわる武器であり、デザインを個性的にする事で効果的なマーケティングが実現します。営業成績が優れているビジネスマンは皆、オリジナリティが溢れる物を作成し、それを配布しています。

個性的なデザインはそれだけで記憶に残ります

営業マンの基本は相手に顔と役職を覚えてもらう事です。ただのモノクロ印刷のシンプルなデザインでは相手にインパクトを与えられません。記憶に残らない相手に、商談を申し込む人々はいませんので、常識的な範囲で出来る限り、派手で個性的なデザインを作成しましょう。名前の文字をピンクに色にしたり、会社のロゴマークや自分の顔写真を台紙に大きくプリントアウトする等、工夫が要ります。似顔絵が得意な人に自分のイラストを描いてもらい、それをスキャンにして、台紙にプリントアウトするのもオススメです。ビジュアルのデータは受け取った人々の印象に深く刻まれます。また台紙自体のデザインにこだわるのもオススメです。黒色の台紙に白色でテキストを印刷すれば、一風変わった個性的な名刺が出来上がります。

フォントや台紙の色にこだわる事も大事です

インパクトを更に重視するなら黄金カラーの台紙を使うのも良い手です。ゴールドカラーのキラキラと輝くカードはPR力が抜群であり、高級感があるイメージを醸し出せますので、セレブ向けのサービスや物を販売する営業マンにはオススメです。またフォントをこだわるのも良い事です。普通のゴシック体や明朝体も悪くはありませんが、没個性的になります。フォントはパソコンコーナーで販売されており、有償のオリジナルフォントを買えば、手書き風の文字や達筆な文豪が描いたような文字の名刺デザインが作れます。和風のフォントもオリエンタルなムードが演出でき、特に欧米のビジネスパーソンには受けが上々です。先行投資を賢く行うのも出来るビジネスマンの隠れた営業テクニックの一つであり、営業成績が横ばいになったら、まずはその改革から始めましょう。