名刺と言えば営業職のサラリーマンの方が作るイメージの強いツールですが、今では色々な方々が独自に作成なさっています。基本は依然として営業職の方のPRツールです。しかし、今では就職活動をしている大学生、サークル活動に汗を流す若者、趣味の団体でリーダーを務めている方、自営業の方々、SOHOやクリエーターの方々も自分の肩書や活動を知ってもらうために、個人的に作成して配布しています。自分の肩書をすべて初対面の人々に口頭で伝えるのは案外苦労するものです。それを紙に印刷して、営業マンよろしく相手に配布すれば、確実に自分のキャリアを伝えられます。人と人との出会いは、第一印象が決め手であり、そこで失敗すると取り返しがなかなか出来ません。今では誰でもパソコンとソフトさえあれば作れます。

個人的に作成する物は、自由にアレンジしてオーケーです

名刺作成には専用のソフトウェアを用意されています。無償版、有償版がそれぞれありますので、自分のニーズに合わせてセレクトしましょう。家電量販店の用紙コーナーに行けば、専用の印刷用台紙があります。その台紙を買えば、ネット上から専用フォーマットでサクサク簡単にデザインが出来るフリーソフトがダウンロード出来ます。初めて作成する方はテンプレートが整ったフリーソフトを活用しましょう。基本的なフリーソフトが最初から整っているため、後は自分の任意の文字や情報を加筆していけば良いでしょう。名刺にすべての個人情報を載せるか、載せないかは自己判断でオーケーです。個人的に作成する物であれば、どこまで掲載するかは自分自身で決めて良いので、名前とWEBサイトのアドレスだけ掲載して、後はWEB上からコンタクトを取ってくる人物だけにEメールアドレスを伝える、といった工夫も出来ます。

困った時はプロの印刷会社に相談する方法もあります

ただ、実際に自分で作業するのは案外骨が折れる作業です。また作業を進めるためにはセンスと時間、何より手間暇が要ります。来週末のイベントまでに大量にデザインした物が欲しい、そんな時は自力だけでは間に合いません。そんな時はプロの印刷会社に相談しましょう。印刷会社に依頼すれば個性的なデザインのプリントアウトが頼めます。100枚単位での大型のオーダーも可能です。また個人用途に適した小ロットの印刷にも、最近の印刷会社は対応しています。文字通り30枚だけ依頼する、といった事も可能です。テンプレートが印刷会社のWEBサイトに用意されていますので、それをアレンジしながら自分独自の情報を入れて、それを相手の印刷会社に伝えれば迅速にプリントアウトを進めてくれます。