名刺を作る際に、美容サロン勤務の方や、インテリアのコーディネーターの方、クリエイティブ系の職業の方の場合は、洒落たデザインにしたい方もいると思われます。顧客の方へのアピールともなるでしょう。独自のオリジナル性の高いデザインや特殊な形や素材、加工をするには、自作では難しい場合があります。また、最寄りの印刷業者では対応しきれないこともありますし、価格が高くなることも想定されます。なるべくコストを削減するには、直接メーカーに依頼できるサイトでの取り扱い専門の印刷業者に依頼した方がいいでしょう。中間コストが削減できますし、様々なデザインやレイアウト、加工に対応してもらえます。デザインも最初から自分で作成したものを使うことも可能ですし、豊富なデザインから選び、組み合わせることも可能です。

オリジナルデザインを入稿するには

サイトから用意されているデザインパーツを組み合わせて名刺を作るのであれば、専用のソフトがなくても作成可能になります。インターネットに常時接続できる環境であれば、サイトに備えられたソフトを利用して、作成用の画面から、デザインパーツを選び、テキストボックスから必要な社名や肩書き、個人名等の文字データを入力します。画面の指示に従って作業を進められるので、難しいことはありません。随時、プレビュー画面から、作業の経過や出来上がりを確認できます。自分でデザインしたイラストや写真、企業独自のマークを使いたい場合は、サイトから入稿することもできます。企業によっては、ビジネスソフトのファイル形式で対応できますが、企業によっては、専用のグラフィックデザインソフトのファイル形式でないと受け付けられないことがありますので、事前に確認しましょう。

特殊な加工やデータが必要になる場合の注意

特殊なカットや加工、上質紙や和紙、プラスチック等の素材を用いる場合には、作成に時間がかかることがあり、受付時間などの条件を満たしていても、即日での印刷や早期の配達が難しいことがあります。できるだけ、日にちに余裕を持って依頼するようにしましょう。オリジナルデータの入稿をした場合も同様で、修正や仕上がりの確認が必要になることもあり、通常の名刺よりも出来上がりに時間がかかる場合があります。書体や、印刷範囲の設定に制限があることもありますので、送信する前に確認してできるだけ間違いがないように気をつけてください。たいていの業者サイトでは、会員登録をして、注文の履歴を保存している所が多いので、再注文する際に、以前のデザインと同じで良い場合は、早めに作成できることがあります。