名刺と言うと、小さくて手のひらにのるようなコンパクトなカードを誰もが想像するのではないでしょうか。一般的なサイズは55ミリ91ミリの4号なので、印刷を依頼する時にも殆どの会社がこのサイズでプランを提供してくれています。ですが、実際にやり取りをしていると誰もが同じようなカードばかりになるので、差別化を図りたいと考える事もあるでしょう。デザイン性の高いものも増えてきていて、例えばサイズは同じでも穴を開けたりするなどしていたり、そもそも形が丸や三角、様々なデザインに型抜き対応をしてくれる業者も多くなりました。ビジネスでは使いにくいかもしれませんが、プライベートや個人の業務で使うと言う時には他と差をつけるためにデザインも考えると渡した相手にもより印象強く残るでしょう。

自分だけの特別な一枚を作り上げる

名刺作成をしようとすると、形も同じであまり面白みのないものが殆どです。ビジネスシーンであればかっちりとしていて見やすい方がいいのですが、個人や仲間内で使うようなものだとそれだけでは物足りなく感じてしまいます。色もカラーにしたり、ちょっとしたワンポイントになるようなイラストや写真が使えることもあるので、それを付加するだけでも同じように見えていたカードの印象ががらりと変わります。また、箔押しにしたりエンボス加工などもあれば、角を丸くする加工をして印象を変えていくのもよいでしょう。いろんな作成事例も見ておくと、自分が作ってみたい一枚も描きやすくなりますので、たくさんの業者を見比べながら作ってみたいカードを考えて、全体のバランスや使う文字やカラーなどを検討していきましょう。

オプションやその他のサービスも上手に活用

業者によって作る事ができる名刺のデザインも違っていますが、それ以外にも利用できるオプションなども変わってきます。また、サンプルを配布してくれている場合もありますので、時間に余裕があるなら取り寄せておくと、大きさや印刷後の色合いなども見ることができるのでおすすめです。作成できる枚数や価格も違っていますので、どんな事ができるのかは利用前に確認しておく用にしましょう。これまで交換していた一枚のカードも、加工などをする事で全く違う印象のものになります。使う場所や目的を考えて、おしゃれなデザインにすると人目をもっと引くようになりますし、交換をした後にも思い出してもらいやすいです。業者によって代わるいろんなサービスも使いこなして、気に入る一枚を作ってください。